農家の仕事、一生懸命がんばります。


by 6ts7hfwpbw
 架橋99年を迎えた東京・日本橋の白寿を祝って4日、「春の名橋『日本橋』まつり」が行われた。イベントの一環として開催された「ジャパン・クラシック・オートモービル」では、往年の名車が街を走り、約2万人のファンを集めた。

 イベントでは、戦後日本の復興に活躍した白洲次郎氏が英国留学中に所有していた「ベントレー」(1924年型)、佐賀鍋島家の当主が部品を輸入し自分でデザインしたボディを作らせた「イスパノ・スイザ」の「K6」(1935年型)など21台の名車が展示された。

空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
関東北部で震度3(時事通信)
政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定−総務省(時事通信)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)
救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-04-05 22:31
 平野博文官房長官は30日午後の記者会見で、在日米海兵隊について「今の北朝鮮の動向を含め、沖縄の皆さんの負担を頂きながら米海兵隊が沖縄にいることは、抑止力、初動態勢を含めて必要だ」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
核削減努力呼び掛けへ=G8が外相会合続行
日米外相会談要旨

住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが−東京(時事通信)
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取
<偽1万円札>1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕 (毎日新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-04-01 03:12
 妊婦健診をほとんど受けず、出産間際に医療機関に駆け込む「飛び込み出産」が問題になる中、大阪府内での飛び込み出産の事例が、2009年1年間で152件にのぼったことが、大阪府と大阪産婦人科医会の調査でわかった。

 うち105件(69%)が早産や仮死状態で生まれるなど母子の命に危険が及ぶ「ハイリスク出産」で、医師らは妊婦への啓発の必要性を訴えている。

 妊婦健診の受診が3回以下の「未受診妊婦」の飛び込みは、160か所の産科医療機関のうち29か所が扱っていた。

 152件のうち、早産などで新生児集中治療室(NICU)を利用した例が46件(30%)で通常の分娩(ぶんべん)の10倍、低体重児(2500グラム未満)が40件(26%)で同5倍。母体が薬物に汚染されており、中毒状態で生まれた子もあった。死産は3件だった。

 未受診の理由を病院が母親に聞くと、3割超の50件が「お金がない」。「妊娠に気づかず」「多忙」「複雑な家庭事情」などが続く。

 調査を担当した府立母子保健総合医療センターの光田信明産科部長は「経済困窮、モラルの欠如など複数の要因が絡まり、現状では根絶が難しい。『出産には危険が伴う』と言い続けるしかなく、妊娠検査薬を扱う薬局などと協力した啓発を提案したい」としている。

 ◆「赤ちゃんの幸せだけを願い」25件受け入れの病院

 「少しでも搬送が遅ければ、母子ともに命が危なかった」。大阪府内で最も多い25件の飛び込み出産を受け入れた総合病院の産婦人科医師は、昨年11月末のケースを振り返った。

 意識不明の妊婦(36)が運ばれてきた。妊娠高血圧症候群を放置し、心不全に陥ったらしい。胎児も危険。緊急帝王切開で2時間後、女児が仮死状態で生まれた。懸命の蘇生(そせい)で女児は産声を上げ、母親も助かった。

 母親は「父親がだれかわからない。妊娠には気づいていたが、お金がなかった。中絶させられると思って同居の親には言えなくて」と話したという。

 様々なケースを診た。「育てるつもりはない」と、産後すぐに養子縁組をする母親。やっとの思いで助けた子の養育を、母親と交際相手が押し付け合うのを見かねて、「命をどう思っているのか」としかったことも。

 「受け入れできない」とする医療機関もある中、この病院は可能な限り引き受けている。「子は親を選べない。赤ちゃんの幸せだけを願って受け入れている」と、医師は話した。

東急田園都市線で人身事故、一部運転見合わせ(読売新聞)
コンビニ納税、4月から全都道府県で=市町村は2割超−総務省調査(時事通信)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
<ES細胞研究>生殖細胞作成 4月にも解禁(毎日新聞)
深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-03-30 00:00
 神奈川県警逗子署は26日、同署地域課の男性巡査(23)(横須賀市三春町)が乗用車で当て逃げをしたと発表した。

 道交法違反容疑で巡査から事情を聞いており、近く書類送検する方針。

 発表によると、巡査は23日午後2時5分頃、逗子市沼間の県道で乗用車を運転中、路肩に停車していたワンボックスカーと接触し、そのまま逃げた疑い。現場に残された左サイドミラーの一部から車種が特定され、巡査の乗用車と判明した。巡査は「ぶつかったかもしれないと思い、いったん現場に戻ったが、上司に怒られると思って逃げた」と話しているという。

 渡辺広一副署長は「再発防止に努め、事故は適正に捜査する」とコメントした。

児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山(時事通信)
「自分で判断を」小林氏進退で小沢幹事長(読売新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)
首相「残念だ。党内の規律が守れない」 生方氏解任で(産経新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-03-27 16:14
 警察庁は24日、今年の交通事故死者数が23日に1003人となったと発表した。年間死者数が57年ぶりに5000人を下回った昨年同期より9人(0.9%)少ない。1000人を超えた日は昨年と同じで、日付別の統計が残る1970年以降では最も遅い。
 都道府県別の累計死者数は愛知53人、神奈川45人の順に多く、最少は山形と富山の4人ずつ。増加幅が大きいのは愛知と北海道(39人)の12人増ずつで、減少幅は大阪(43人)の17人減が最大。 

【関連ニュース】
「光る標識」で事故死7割減=交差点やカーブに集中整備
不慮の事故死、なぜ地域差?=最高の高知、沖縄の2.7倍
年末年始の交通死86人=過去2番目の少なさ
交通死5000人下回る=57年ぶり、昨年4914人-9年連続減・警察庁
交通死4000人、最遅ペース=年間5000人下回る可能性

中田氏、“邦夫の乱”に冷ややか視線(産経新聞)
【Web】プロ野球ネット中継 ビジネスなるか?(産経新聞)
みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-03-26 09:14