農家の仕事、一生懸命がんばります。


by 6ts7hfwpbw
 総務省所管の「地方公務員共済組合」が経営するホテルの赤字を穴埋めするため、自治体が拠出した公費で不適切な補填(ほてん)を続けていることが、同省の調べでわかった。

 2004〜08年度だけで総額193億円に上り、組合員の積立金からも同額を投入していた。補填は約40年間にわたり続いており、公費だけで700億円以上がつぎ込まれたと試算している。同省は、不採算ホテルの閉鎖など抜本的な改善を指導する方針だ。

 同省によると、組合が経営するホテルの赤字総額は04年度以降、毎年65億〜97億円。08年度は91か所のホテルのうち、黒字は2施設。赤字穴埋めのため、公費35億円と職員の共済積立金35億円の計70億円が76施設に投入された。

 最高は、当時、37施設を所有していた、道府県職員が加入する「地方職員共済組合」の11億8200万円。

 補填は、人間ドック受診費用など組合員の健康増進のための資金を管理する経費や、組合員の住宅ローン資金を管理する経費から繰り入れ名目で行われた。いずれも自治体が拠出している公費と、組合員の積立金で折半して賄われている。

 組合からホテルへの資金繰り入れについて、総務省は、割引料金で利用した組合員の宿泊費を補助する場合に認めているが、赤字穴埋めは対象外としている。同省は、補填は1960年代後半から行われているとしており、「公共のホテルであっても民間と同じように独立採算が原則。毎年赤字を垂れ流すような施設は廃止すべきだ」と指摘する。

 北海道市町村職員共済組合は今年度から、赤字補填を取りやめた。経営していた二つのホテルの赤字は、毎年計1億2000万円前後。実際には赤字額を上回る資金を組合から繰り入れてきたが、「公費投入は住民の理解を得られない」と判断した。3月末で閉館した札幌市のホテルは、12年前に35億円を投じて建て替えたばかり。だが、売却額はその10分の1程度だった。

 土居丈朗・慶大教授(財政学)の話「赤字を公費で埋めるという考え方は不適切であり、非効率な経営につながる。公的な組織がホテルを持つ必要性も希薄で、事業自体を見直すべきだ」

 ◆地方公務員共済組合=地方公務員の年金や福利厚生の業務を行う共済組織。総務省所管は62法人あり、全都道府県と区市町村の職員約167万人が加入する。4月1日現在、和歌山、熊本、沖縄の各組合を除き、経営するホテルは84施設で、9割が赤字経営。

くいだおれ人形、応援シャツ姿で「夜更かししてW杯応援しまっせ」(産経新聞)
オールドでも乗り心地はいいわよ 吉野山ロープウエー(産経新聞)
<闇サイト殺人>控訴審初公判 8月9日、名古屋高裁で(毎日新聞)
<民主党>小林千代美議員が辞職表明 北教組事件で引責(毎日新聞)
<南アW杯>いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-06-19 00:53
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5、6両日に実施した合同世論調査で、菅直人新首相の支持率は57・3%だった。民主党は支持率、夏の参院選の比例代表での投票先ともに3割台を回復、自民党に大きく差をつけた。鳩山内閣発足時の内閣支持率68・7%、民主党支持率44・4%には及ばないが、首相交代が一定の効果をもたらした。

 菅氏に「期待する」との回答は57・3%で、「期待しない」の35・6%を大きく上回った。政党支持率では、民主党は30・6%と前回より12・9ポイント上昇。自民党は16・5%で前回と同じだった。みんなの党は7・4%で2・4ポイント減らした。

 鳩山由紀夫首相の退陣には76・5%が「当然」と回答し、小沢一郎前民主党幹事長の辞任を「当然」としたのも93%に上った。72%の回答者が参院選向けの首相交代だったと、辞任劇を冷静に受け止めている。

 参院選については80・9%が「関心がある」と回答。比例代表の投票先は、民主党が、34・1%で前回比12・1ポイント増。自民党が18%(前回比1・5ポイント減)、みんなの党10・9%(同3・1ポイント減)で、このうち民主党だけが支持を伸ばした。

<民主代表選>「この国を立て直すことが第一の仕事」 菅新代表の当選あいさつ(毎日新聞)
和歌山のコンビニ強盗でも逮捕=奈良、京都で連続3件の男(時事通信)
<訃報>本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)
資料に名前の男性が所在不明 横浜の弁護士殺害 逃走男と同一人物?(産経新聞)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-06-08 09:18
 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は5月26日の総会で、18日の先進医療専門家会議で「第3項先進医療」(高度医療)に承認された2技術について厚生労働省から報告を受け、了承した。

 了承されたのは、「5-アミノレブリン酸溶解液の経口または経尿道投与による蛍光膀胱鏡を用いた膀胱がんの光力学的診断」と「腫瘍抗原ペプチドを用いたテーラーメイドがんワクチン療法」の2技術。

 前者は、筋層非浸潤性膀胱がんが適応症。従来の膀胱鏡診断に比べ、特に平坦病変の検出や再発症例で診断精度が高い検査法と考えられている。厚労省の担当者は、「診断に非常に有効な手段」とした上で、将来的な保険収載について「妥当」と評価されたと報告した。

 後者の適応症は、ドセタキセル不適格であるホルモン不応性再燃前立腺がん(ヒト白血球抗原HLA-A24陽性である者に限る)。厚労省の担当者は、高齢者など抗悪性腫瘍剤の使用が難しい患者自身のがん免疫機能を活用する免疫療法で、患者の負担が小さいと説明。将来の保険収載については、「今後、症例の積み重ねを受けて、再度検討することが必要」と判断されたとした。


【関連記事】
高度医療の新規2技術を承認―先進医療専門家会議
「国内外ともに未承認」の評価要件を承認−高度医療評価会議
個人に最適な投薬法へ日米連携
【中医協】先進医療2技術と、医療機器108件の保険適用を了承
【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会

気候変動「重要な課題」=皇太子さま、アフリカシンポで(時事通信)
戒告処分の前部長天下り 福岡県町村会不正事件 (産経新聞)
仕分け人痛烈宣告!「天下り」「ムダ遣い」改善がなければ宝くじ売るな(スポーツ報知)
口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」(産経新聞)
<長妻厚労相>子ども手当「満額」に異論噴出で押し黙る(毎日新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-05-29 12:15
 【上海=河崎真澄】上海万博の国家パビリオン「日本館」で19日、国旗掲揚ポールへの「日の丸」掲揚が始まった。日本館関係者によると、今後は悪天候の日を除いて、10月31日の閉幕日まで毎日、掲揚される。

 同館に向かって同じ高さの3本のポールの右側に日章旗、左側に中国の国旗が上がった。中央は国家元首級の来訪時に、その国の国旗を掲揚する。15日にクロアチアのイボ・ヨシポビッチ大統領が訪れた際にも同国の旗が掲揚され、日中の国旗も同時に上がった。

 5月1日の開幕以来、同館には国旗が掲揚されておらず、反日感情もある中国に配慮した自主規制ではないかと指摘されていた。同館の説明では、過去の万博の前例に従い、通常の日は日の丸を掲揚しない予定だったが、18日に日本政府の方針で連日掲揚することが決まったという。ただ18日は雨天だったため、19日からの掲揚開始となった。

 上海万博会場では、浦東会場のメーンゲート付近に180以上の参加国の国旗掲揚場があり、そこには開幕時から日の丸が上がっていた。他の国家パビリオンではインドやネパールなどが国旗を連日掲揚、北朝鮮は建物の壁一面が国旗のデザイン。ただ、米国館や欧州のパビリオンなどではほとんど掲揚していない。

【関連記事】
上海万博、1日の入場者が30万人突破 平均すればなお低調
岡本真夜、Mステ出演…騒動後初テレビ
上海万博 日本人学校の児童らが和太鼓やソーラン節
上海万博 市井のNGワード
上海万博のコピー商品、開幕後も横行 取り締まり困難
中国が優等生路線に?

初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
資産運用で預かった30億円横領 容疑の元公認会計士を逮捕(産経新聞)
石綿肺など救済決定=政府(時事通信)
被害男性の孫娘、ストーカー被害 千葉放火殺人(産経新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-05-21 13:38
 11日午前4時15分ごろ、神戸市垂水区福田の無職、佐藤英志さん(72)方から出火。木造2階建ての延べ約100メートルを全焼し、焼け跡の1階部分から、男性とみられる遺体が見つかった。佐藤さんとは連絡が取れておらず、垂水署は死亡したのは佐藤さんの可能性が高いとみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、佐藤さんは1人暮らし。歩くことはできるものの、腰が悪かったという。また、佐藤さん宅に隣接する民家2棟の壁などが一部燃え、住民の男女2人が煙を吸うなどして手当てを受けた。

 現場は、山陽電鉄滝の茶屋駅から北1.7キロの住宅密集地。

【関連記事】
炎上車両と自宅に家族3人の遺体 心中か 
アパート火災 女性1人死亡 千葉・市原
健康ランド火災で1200人避難 4人軽傷 静岡
マンション火災で男性死亡 堺市、消防隊員もやけど
横浜で団地火災、2人死亡 車いすの妻と夫か
少子化を止めろ!

費用対効果、ナトリウム管理、実用まで40年…もんじゅ課題山積(産経新聞)
日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
[PR]
# by 6ts7hfwpbw | 2010-05-13 10:25